弁護士にも処分は必要となるでしょう

確実に犯罪を犯している人の弁護をしても、無罪を主張する弁護士はとても多いえす。
それは弁護士が依頼人に有利になるように働かなければいけないということがあるからです。
証拠があっても心神喪失の状態だった、ということにしてしまえば、罪に問われることはありません。
中には証拠をねつ造するような弁護士もいます。
実際、犯罪を犯している人の裁判で無罪を主張し、それが判事に認められてしまった場合、犯罪者が何も罪に問われず野放しになってしまいます。
それで再犯を繰り返した場合には、弁護士にも何等かの処罰が与えられるようにしなければ、質の悪い弁護士ばかりが増えてしまいます。
法律は罪を逃れるためにあるのではなく、弱者を救うため、正義を貫くために存在をしているものです。
一部の弁護士のお金儲けのためにあるのではありません。
報酬のために黒も白にしてしまうという弁護士は資格はく奪などの処分がくだったほうがいいんじゃないかなと思います。